日産ティーダ平成19年式、走行距離8万キロ高く売れました

日産ティーダ平成19年式、走行距離8万キロ、事故無し、車検あり、を2015年11月頃、売却しました。友人から車を比較的安く譲り受けることになり、今の車が必要なくなり、少しでも高く売りたいと思い、比較検討しました。

最初はいつもお世話になっているディーラーに相談してみました。査定額を出してもらいましたが、10万円ほどでした。売るだけで無く、次の車を購入して下取りではどうかと下取り価格を出してこられました。新車を販売するところですから当然の方向性だと思います。下取りなら査定額が急激にアップして、25万円ほどでとなっていました。しかし、次に乗る車は決まっていましたので別を当たることにしました。

近くの中古車店にも持ち込んでみました。無料査定をお願いして、店内で待つこと15分ほど、査定額を提示して下さいました。今ここで決めて下さるなら16万円ということでした。あれ、ずいぶん高く買い取ってくれるな、と決めかけましたが、この調子なら数社回るともう少し上がるかもしれないと思い、後にしました。

もう一店、良さそうな中古車販売店がありましたので、持ち込み無料査定をお願いしました。その時点で、他ではどれぐらいの査定額でしたか?と尋ねられ、これまでの流れを正直に伝えました。
出された額は、今この場で即決して下さるならば、21万円でと言うことでした。かなり頑張っていると思いました。ディーラーで下取りで25万円という条件でしたから、これは良い条件だと確信出来ました。店員も控えめで上品で落ち着いている感じでしたので、頑張っているのに断るのも悪いと感じて、即決しました。とても満足出来るお取引でした。

SNSでもご購読できます。