ほしかったブランドの指輪をもらった

私と主人はスピード結婚であまりお金もない、ということもあり婚約指輪は買ってもらっていませんでした。すぐ、結婚指輪をすることになるしいらないな、と私も納得しての結果でした。
結婚して1年、主人の奨学金返済や車購入の資金など私と主人はひたすら働いて貯金をしていました。ちょうど目標金額たまったので子供を考えてもいいかもね、と思い始めた矢先、妊娠することができました。主人が激務のため、私は出産ぎりぎりまで働いて退職することを決めました。あと少し二人で頑張ろうね、と考えていたところ主人の長期の海外出張が決まってしまいました。安定期に入る直前から妊娠後期に入るぎりぎりまでの海外出張。初めての妊娠で悩むこともあり不安だったのですが仕事だし仕方がないと考え送り出しました。主人がいない間の数か月は私も仕事が忙しく、寂しいと思う暇はあまりなかったのが幸いでした。海外ということもあり時差の関係で主人とはたまにメールやLINEでやり取りをするだけでした。
主人が帰国してきたのはクリスマスの直前でした。私が妊娠していなかったら、私が休みに入ったら現地に遊びに行って一緒に年末年始過ごしてもよかったのにね、と話しましたが帰ってきてくれてほっとしたのも覚えています。クリスマスプレゼントは私は主人に眼鏡を購入しようと思っていたので、まだ購入していませんでした。主人は帰国後、お菓子や向こうで買うとやすい化粧品等をお土産にくれました。頼んでいた品だったのでうれしかったです。
そして、さらに免税で少しは安かったから、といって私がほしがっていたティファニーの指輪をくれました。クリスマスプレゼントなのかお土産なのか微妙だけど、婚約指輪ももらわず今まで一緒に頑張ってくれてありがとう、自分が不在の間もお疲れさまでした、と言ってくれ感激して泣いてしまいました。
その指輪はほしいとねだったこともなく、会話の中で指輪ならティファニーがほしいな、といった程度でした。それなのに買ってきてくれたのがすごくうれしかったです。婚約指輪と違って普段もつけられるという点もうれしいです。
今ではデートのたびにつけています。

SNSでもご購読できます。