私はおしゃれにあまり関心がないので、着ることができるならなんでもいいと安い服を集めています。
アクセサリーは最低限持っていましたが、結婚式などに呼ばれた時のために買ったものでそれも安い品物です。靴もバッグも高価な物は持っていませんでした。

興味がないのでそれでいいと思っていたのですが夫にはいつもダサイ服ばかり買っている。アクセサリーも地味だとぶつぶつ言われていました。
夫は質の良い物を身につけたいと考える人なので、安物ばかり買って身に纏っている私を理解できないようでもう少しちゃんとした物を買えとよく言われました。

夫はそう言いますが我が家は金銭的に余裕があるわけではないので、高価な物なんて買えません。
これで十分だと思っているんだからいいでしょうと適当にやり過ごしていました。

しかし親戚への贈り物を買いに百貨店へ行った時、私はスワロフスキーのイヤリングに一目惚れをしてしまいました。
こんなことは初めてでした。
あんまり素敵なデザインだったのでつい足が止まってしまい、店員さんにどれですか?と聞かれてしまいました。

買う気はないのでその場から離れようとしたのですが、横にいた夫が欲しいの?買ってあげるよ。
安物ばかり買っているお前が珍しく高い物を欲しがっているのに買ってあげないわけにいかない。ただし少し早い誕生日プレゼントだよ。と言って三万円程するイヤリングをその場で買ってくれました。

一体どこにそんなお金があったのかと聞いたら、私の誕生日プレゼントのために毎月のお小遣いから節約して貯めていたんだと教えてくれて、泣きそうになりました。
お小遣いだってそんなにあげられていないのに、そこから節約していたなんてすごい努力です。
とても嬉しかったし、感動しました。

欲しくてたまらない物を買ってもらえたので嬉しいのは当然ですが、それよりも自分のお小遣いを削ってまで私のために貯金していてくれた夫の気持ちがなによりも嬉しかったです。
プレゼントは相手を喜ばせる大切なものですが、気持ちも相手を感動させる大切なものであると心底思いました。